トップ / 医師の末期患者への援助

医師の末期患者への援助

医師と末期患者の関係

末期患者が医師に求めるもの

病気やけがを治すこと、命を救うことが医療の役割とされてきました。しかし、現在の医療では治すことのできない病気、それによって命を落とす人がいることも事実です。では、がんをはじめとした末期患者にとっての医師の役割とはどんなものなのでしょうか。残された時間が長くないことを知った患者は、その期間を充実して過ごせることを願うでしょう。そのために医療者ができることは、まず痛みや苦痛の軽減、除去があげられます。そして、時には精神的な安定、その人の生活全般や家族も含めた広い視点からの援助が必要になります。

末期患者に対する医師の役割

一般的に病気を治すのが医師の仕事というイメージが持たれています。しかし、病気が治らないものであること、残された命が長くないことを認識している末期患者にとってはどんな役割を果たすことになるのでしょうか。近年では、ホスピスやターミナルケア病棟など末期医療を専門にしている医療機関や部署もあります。そのようなところでは、その人が充実して命が終えられるようにまず第一に痛み・苦痛の軽減が目標とされます。痛みや苦痛といっても身体的なものだけでなく、精神的なもの、そしてその人の生き方に関わるようなものも対象となります。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師としての様々な働き方. All rights reserved.