トップ / 医師の人口はどれくらい

医師の人口はどれくらい

医師の人口を知る

医師の人口は減っているのか

日本では、医師の人口が増えすぎないように、医学部の設置には制限が設けられていました。ほとんどの都道府県に大体一校は医学部があっても、多数の医学部があるのは、首都圏などの大都市だけです。しかし、僻地や田舎では医師不足が深刻になっていたり、産婦人科などの激務で訴訟リスクの高い診療科を敬遠する風潮から産婦人科医不足、小児科医不足が深刻化しています。その結果、新設の医学部が認可されるなど、医者を増やす努力がなされるようになりました。

医師の人口は年々不足しています

医師をはじめとして、医療機関で働く人口の数は不足しており、さらに高齢化が進む世の中ではそれが年々深刻化しています。国や自治体などで対策を実施することにより、なんとか数の減少自体は抑えられているものの、それを上回る患者の増加によって、相対的に不足する状況となっています。そもそも医学部に入ること自体が難関であり、また割と裕福でなければ費用的にも厳しいものがあるので、まずはそこから改善する必要性があるものの、質の高い医師を育てることを考えれば、医学部の入学の条件は簡単に変えられないことも現状です。

↑PAGE TOP

© Copyright 医師としての様々な働き方. All rights reserved.